ホーム > Blog記事一覧 > むち打ちの記事一覧

交通事故に遭った際の対応

2017.12.16 | Category: むち打ち,三河島鍼灸整骨院,交通事故治療,整骨院

こんにちは!
荒川区三河島駅前の交通事故治療専門の
三河島鍼灸整骨院です。

今回は交通事故に遭った際の
対応についてです。

交通事故に待遇してしまった際は事前に準備が
出来ているのと出来ていないのでは大きな違いが
出てきます。
もちろん交通事故に遭わないのが一番大切ですが
万が一のために備えておくことも大切だと
思います。

1、交通事故の加害者、被害者問わず必ず
連絡先を交換する。
⇒連絡先を交換しないと、後々加害者に逃げら
れてしまうケースも少なくありませんので、
必ず連絡先を交換しましょう。

2、必ず警察に連絡をする。
⇒警察に連絡をしないと交通事故の証明書を
発行することはできません。
事故証明書がないと治療が認められない
ケースもありますので必ず警察に連絡を
しましょう。

3、保険会社に連絡をする。
⇒ご自身が加入している損害保険会社に連絡を
してください。
 交通事故治療費や慰謝料などなどの補償に
関してはすべて損害保険会社が代行・担当して
いただけますので必ず保険会社に連絡して
ください。
4、交通事故治療を得意とする病院・治療院に
通院する。
⇒ご自身が痛めた身体の部位をしっかり伝えな
いと、後々首の痛みが出てきたとしても交通
事故ケガとして認められないケースもありま
すので、痛めた部位を必ず伝えて診断書を受
け取ってください。

交通事故に遭ってしまったら慌てずにしっかり
対応していきましょう。

では、荒川区三河島駅前の交通事故治療専門の
三河島鍼灸整骨院でした。

②交通事故の被害者になって困った問い合わせ

2016.08.10 | Category: むち打ち,三河島鍼灸整骨院,交通事故治療,整骨院

荒川区荒川、日暮里の交通事故治療・むち打ち対応が

出来る三河島鍼灸整骨院です。

yjimage6SLI5LNH

今日は前回の交通事故に遭いましたが、

忙しくて連絡先だけ聞いて、

後で首が痛くなった場合です。

 

3、仮に、諸事情により事故届けをしなかった場合、

  連絡が付かないと相手方の保険加入の有無が

  明らかでないため、どの様に賠償できるのかという

  問題が生じます。

  そして、打撲や頚椎捻挫などの症状で通院する

  事となった際に、怪我と事故の因果関係が明らかでないため、

  保険使用に問題が生じてくるでしょう。

 

4、よって、事故の当事者、特に被害者になった場合は、

  当事者相互の確認においても、

  事故の届けを行うよう心がけることが大切です。

 

 

①交通事故の被害者として困った問い合わせ

2016.07.05 | Category: むち打ち,三河島鍼灸整骨院,交通事故治療,整骨院

交通事故に遭いましたが、忙しく連絡先だけ聞いて

分かれました。でも、後日首が痛いなど障害が出た場合の

問い合わせです。

yjimageDR6RZX0P

 

①事故が発生した場合、負傷者の救護の措置、

後続の事故を防ぐ装置、警察官に事故の発生を

届ける義務が生じます。

②警察に事故の届けをすることは、

当事者の住所、氏名、時間、場所の特定、

事故車両の確認、物損事故又は人身事故の確認、

保険加入の有無、事故状況などが明らかになることです。

 

また続き。。。

交通事故治療、むち打ちには荒川区荒川、日暮里の三河島鍼灸整骨院へ

ご相談して下さい。

 

交通事故で、軽い目まいがしましたが、車の損傷も少ないし、警察に届けしなくてもよいのでしょうか?

2016.06.06 | Category: むち打ち,三河島鍼灸整骨院,交通事故治療,整骨院

荒川区、日暮里の三河島鍼灸整骨院です。

事故が発生した場合、怪我人がいる場合には

救護装置を取らなければなりません。

 

また、後続の事故を防ぐ措置、

そして事故発生を警察に通報する義務があります。

 

また、今後相手と車の修理や怪我の治療費など

話し合いを待つ事となりますので、

警察に届けるということは、事故の発生、当事者の確認、

双方の車の確認、保険の有無、事故状況について

明らかにすることですので、

必ず届け出をしましょう。

 

目まいは、頭部打撲、頚椎捻挫などの可能性もあり、

事故届けがなければ、何処での怪我か分かりませんので、

今回の事故が原因ですと証明する意味でも

必ず届出を行います。

 

荒川区・日暮里 交通事故治療・むち打ち認定院

三河島鍼灸整骨院でした。

 

交通事故を起こしてしまったら

2016.05.17 | Category: むち打ち,三河島鍼灸整骨院,交通事故治療

交通事故を起こしてしまった時、負傷者がいる場合は真っ先に保護しますが、

第一歩を警察に入れた場合は救急車の必要なども同時に確認されます。

因みに、交通事故として救急車に連絡した場合は、消防署から警察に報告が

入る仕組みになっています。

そして、二次災害を防ぐために車を路肩によせて

停止表紙板を立てるなどといった配慮も必要です。

 

交通事故治療・むち打ち治療は 

荒川区・日暮里の交通事故治療・むち打ち認定院の

三河島鍼灸整骨院に気軽にご相談してください。

(1)交通事故のむち打ち治療

2015.10.15 | Category: むち打ち,三河島鍼灸整骨院

交通事故にあった場合に、大きい怪我はしなくても、

むち打ちになってしまう

ことはよくあります。

 

人間の頸の動きは前後共に

60度程度しか動かないといわれてます。

事故によってそれ以上の範囲を超えて、

伸びたり縮んだりしてしまうと、

頸周りの組織などを痛め、

痛みを伴う症状が出てくるわけです。

 

特に危険が予知できる、前方からぶつかるより、

全く予知することができなかったりする

後方からの事故に多く出ます。

これは、頸の筋肉を緊張させ、

頸にかかる力を浮受け止まられるかどうかに

かかってくるからです。

側面からぶつっかてしまった場合なぢでは、

頸に様々な力が加わり、

重症化するケースが多くなります。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒116-0002 東京都荒川区荒川3-61-4-106 ハイシティ日暮里東
駐車場なし
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-6806-6855
休診日日曜・祝祭