Blog記事一覧 > 交通事故 > <1>自分が交通事故の被害者になった場合

<1>自分が交通事故の被害者になった場合

2015.04.09 | Category: 交通事故

自分が被害者になった場合は

警察にも連絡し、相手の名前、

住所、連絡先、車のナンバープレート、

相手が加入している保険会社

(自賠責保険、任意保険)などを

確認しておきます。

その後、事故現場を撮るなどして

証拠をできるだけ残すようにして

おくと良いでしょう。                                                                                      

 

そして、必ず病院に行って医者の

診断を受けておいて下さい。

修理費や治療費などの領収書や

診断書は保管し、事故証明書と

一緒にそろえておいて示談を進めます。

*損害額が決まる前でも、程度に応じた

仮渡金を先に請求できる仕組みもあります。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒116-0002 東京都荒川区荒川3-61-4-106 ハイシティ日暮里東
駐車場なし
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-6806-6855
休診日日曜・祝祭