Blog記事一覧 > 三河島鍼灸整骨院 > 腰痛の種類(2) 変形性脊椎症|荒川区 交通事故・むち打ち治療整骨院

腰痛の種類(2) 変形性脊椎症|荒川区 交通事故・むち打ち治療整骨院

2014.11.14 | Category: 三河島鍼灸整骨院

 変形性脊椎症は川区荒川、日暮里、三河島の交通事故・むち打ち治療専門の三河島鍼灸整骨院にお任せください。

yjimage0PBG4KUR

変形性脊椎症は加齢により生じるもので、腰に鈍い痛みや強張りを感じます、軽症なものは無症状のことも多く、病的とはいえないこともありますが変形が進んで高度になると、椎間板の変性も生じるために椎間が狭小化し、そのため後方関節の変形性関節症変化が生じ、慢性の疼痛が生じるようになります。

椎体上下縁に骨棘形成が著明になり、椎体間の架橋形成も生じることもあります。まれに神経根症状を生じます。

また、脊柱管が狭窄化し脊椎間狭窄症となって症状を発現します。

 

 http://mikawashima-s.com

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒116-0002 東京都荒川区荒川3-61-4-106 ハイシティ日暮里東
駐車場なし
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-6806-6855
休診日日曜・祝祭